暮らしとお金に関する幅広いご相談ができるFPの会社

方針

プライバシーポリシー

勧誘方針

お客様本位の業務運営方針

プライバシーポリシー

弊社は、個人情報の重要性とお客様の信頼に基づく責任を十分認識し、
​​​​​​​個人情報について厳正・適切な取扱いを行うことを宣言します。

法令等の遵守

弊社は、個人情報保護に関する法律(以下「法」といいます。)、その他の関連する法令及びガイドライン等(以下「法令等」といいます。)を遵守し、個人情報を適切に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。また、法令等の改正の際は、個人情報の取扱い及び安全管理に係る措置等について、適宜見直し、変更・改善を行います。

個人情報の取得・利用

弊社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

個人情報の利用目的

弊社は、取得した個人情報を「弊社が取り扱う損害保険、生命保険及びこれらに付帯・関連するサービスの提供」のために利 用します。また、弊社は複数の保険会社と取引がある保険代理店であり、取得した個人情報を弊社が委託を受ける保険会社 の各種商品やサービスの案内・提案・維持管理のために利用することがあります。弊社は、あらかじめご本人様の同意を得ることなく、上記の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱うことや、違法・不当な行為を助長し、又は誘発するおそれのある方法により個人情報を利用することはありません。弊社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、別表<弊社と取引のある保険会社>のホームページに記載してあります。

安全管理措置

弊社は、電磁記録を含むあらゆる個人データの漏えい、滅失又は毀損の防止、その他の保有個人データの安全管理のため、以下のとおり定めています。

(基本方針の策定)弊社の顧客情報管理規程に基づき、弊社の名称、安全管理措置に関する質問及び苦情処理の窓口、個人 データの安全管理に関する宣言、基本方針の継続的改善の宣言、関係法令順守の宣言等についての基本方針の策定

(個人データの取扱いに係る規律の整備)弊社の顧客情報管理規程において、個人データの取得、利用、保存等を行う場合の基本的な取扱について整備

(組織的安全管理措置)個人情報の管理に関する責任者の設置、個人情報の取扱状況の点検及び監査体制の整備と実施、漏えい事案等に対する態勢の整備等を実施

(人的安全管理措置)従業者との「秘密保持契約」の締結、就業規則の整備、社員への周知徹底及び研修等を実施

(物理的安全管理措置)紛失、流失、盗難を防ぐための書類、外部媒体等の施錠保管、個人情報廃棄時の裁断、消去、データ管理者の承認なく個人情報を持ち運ぶことの禁止、やむを得ず持ち運ぶ場合の件数の制限等の措置を実施

(技術的安全管理措置)不正なアクセスを防止するための強固なパスワードの使用、IDの共有禁止、暗号化設定等措置を実施

第三者への提供の制限等

弊社は、法令等で定められた場合を除き、あらかじめご本人様の同意を得ることなく、個人データを第三者に提供しません。弊社は、個人データを第三者に提供した時、あるいは第三者から取得した時は、法令に基づき、提供・取得経緯等の確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し、保管します。

共同利用に関する事項

弊社は、株式会社HappyLife Consultingとの間で、次のとおり個人データを共同利用する場合があります。

(共同利用に関する個人データの項目)お客さまの氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、ご家族に関する情報、
ご勤務先に関する情報、お客さまの資産・負債に関する情報、ご契約ニーズに関する情報、ご契約いただいている各種商品や
サービス等の種類、ご契約日など、お客さまとの個々のご契約の内容に関する情報

(共同して利用する者の範囲)弊社/株式会社HappyLife Consulting/株式会社HappyLife Value / r-laboratory株式会社

(共同利用目的)弊社が取り扱う損害保険、生命保険の商品に係る保険相談・保険募集、保険契約維持および管理、保険金・
給付金等の支払い手続き、住宅会社紹介・住宅ローン相談等の住宅購入支援事業に関連・付帯する業務、資産形成・資産運用相談、
金融商品・サービスの勧誘、金融商品の売買の媒介等の手続き及び金融商品仲介業に関連・付帯する業務、契約状況案内等の発送、
弊社の業務体制の維持および管理、弊社開催のイベント等のご案内、IT・DX導入支援

機微情報(センシティブ情報)

弊社は、法令等で定められた場合を除き、機微情報(センシティブ情報)(※注)の取得、利用又は第三者提供を行いません。また、例外的に機微情報(センシティブ情報)を取得し、第三者に提供する場合であっても、オプトアウトによる第三者提供は行いません。(※注)機微情報(センシティブ情報)とは、法に定める要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪により害を被った事実その他ご本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報)、並びに労働組合への加盟、門地、本籍地、保護医療及び性生活に関する情報を指します。

従業者の監督

弊社では、個人データの安全管理図られるよう、適切な内部管理体制及び体制整備等を構築し、全ての従業員に対しリスクに 応じた必要かつ適切な監督を行います。

保有個人データの開示、訂正、利用停止等

お客様からご自身に関する情報の利用目的の通知の求めがあった場合や保有個人データの開示(第三者提供に関する確認 ・記録の開示を含みます)、訂正及び利用停止等の請求があった場合、ご本人様であることを確認したうえで、法令等に基づ き速やかに対応いたします。

苦情への対応

弊社は、個人情報の取扱いに関するお問い合わせや苦情に対して適切かつ迅速に対応いたします。 下記のお問い合わせ先までご連絡ください。 なお、ご照会者がご本人様であることをご確認させていただいたうえで、対応いたしますので、あらかじめご了承ください。

個人データ管理責任者

(代理店名)株式会社ハッピーライフ

(代表者) 町田 貴之

(所在地)鹿児島県霧島市国分野口東6-11

(代理店名)株式会社HappyLife Consulting / 株式会社 HappyLife Value

(代表者) 町田 貴之

(所在地)鹿児島県霧島市国分野口東6-11MBC 開発国分ビル 4F

お問い合わせ窓口先 

(代理店名)株式会社ハッピーライフ

(代表者) 町田 貴之

(所在地)鹿児島県霧島市国分野口東6-11MBC 開発国分ビル

(電話番号)0995-73-3110

(受付時間)平日10:00~17:00

(E-mail)info@hl-ins.jp

基本方針

お客様の立場に立ってその意思を尊重し、誠実な営業活動を行います。
金融のプロフェッショナルとして、知識向上の為の研鑽に励み質の高いサービスを提供します。

法令順守

金融商品の販売等に際して、保険業法・金融サービスの提供及び利用環境の整備等に関する法律・消費者契約法及びその他各種の法令等を遵守します。

適切な勧誘

お客様のご迷惑となる時間帯である旨、申し出があった場合には勧誘は行いません。

威圧的勧誘等、お客様を著しく困惑させるような行為は致しません。

お客様に保険料の割引・割戻し・立替えその他、特別利益の供与は致しません。

保険契約者や被保険者の本人確認を実施し、被保険者の同意は確実に得ます。

お客様には、告知義務がある事、またこの告知義務に違反したときには生命保険契約が解除される事を説明し、
もれなく正しい告知を得られるように努めます。

適合性の原理

弊社は、取得した個人情報を、保険会社から保険募集業務の委託を受けております。

お客様の加入または投資目的に照らして適当と認められる商品の勧誘を行います。

保険契約の勧誘にあたっては、お客様の資力・財産その他の属性を勘案し、
妥当な保険金額・給付金額等をの保険契約を勧誘する為に社内規定に則した運営管理を行います。

外貨建ての保険・変額年金保険等の様にお客様がリスクを負っている商品の販売にあたっては、
お客様の加入目的や投資経験・知識および財産状況等に照らして適当と認められる勧誘を行います。

募集資料の取り扱い

募集資料は、保険会社の規定にしたがったもののみを使用します。

誤認防止

生命保険・その他の金融商品を明確に区別し誤解を招くことが無いように取り扱います。

説明義務

保険契約等の加入に関わるお客様の判断を左右すると客観的に考えられる重要事項について、
書面の交付等により説明を行い、十分な理解が得られるような措置を講じます。

顧客情報の保護

お客様のプライバシーを保護し、業務上知り得たお客様の情報ついては厳重な管理を行います。

(代理店名)株式会社HappyLife  / 株式会社 HappyLife Consulting

(代表者) 町田 貴之

(所在地)鹿児島県霧島市国分野口東6-11MBC 開発国分ビル

(電話番号)0995-73-3110

(受付時間)平日10:00~17:00

(E-mail)info@hl-ins.jp

お客様本位の業務運営方針

当社の「経営理念」

Your happiness makes us happy あなたの幸せが私たちの幸せです

Mission

ひとを笑顔にする為に常に全力で行動し、地域のライフラインとして必要とされる企業であり続ける

Vision

お客様の一番の相談相手になり、常に選ばれ続けるFP オフィスを目指す

Value

1 ひとの『想い』に寄り添い、『聞く』ではなく『聴く』姿勢
​​​​​2 ​​明るく元気に思いやりをもって、目の前のひとをHappyに
3 プロフェッショナルとして常に勤勉であり成長を続ける
4 1人のお客様を全てのスタッフでサポートし、最高のホスピタリティを提供
5 FPサービスを通じて地域社会の金融リテラシー向上に貢献

明るく元気に思いやりをもって、目の前のひとをHappyに
プロフェッショナルとして常に勤勉であり成長を続ける
1人のお客様を全てのスタッフでサポートし、最高のホスピタリティを提供
FPサービスを通じて地域社会の金融リテラシー向上に貢献

当社の「コンプライアンス基本方針」

当社は、コンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつとして位置付けています。
当社の全ての役職員は、社会的責任を常に意識して行動する必要があり、当社の内部規定、
コンプライアンス・マニュアル及び社会的規範を遵守し、地域社会の期待と要請に答えるべく、誠実な活動を実践し、
経営理念の実現に向け、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを徹底し、企業倫理を確立します。

1.お客様最善の利益の追求

当社は、お客様の最善の利益を追求するべく、金融事業者として高度の専門性を高め、
誠実・公正な募集活動に努めて参ります。

当社は、お客様本位の良質なサービスを提供するため、ホスピタリティを遵守し、
金融知識における高度の専門性を高めるとともに、効率性の高い企業運営や財務の健全性確保に努めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

コンプライアンスを遵守するために研修カリキュラムを作成し、毎月全役職員を対象とし行い、
把握度テストも併せて実施します。

年に一度、外部の専門家(弁護士等)による監査を受け、内部管理態勢の整備状況を検証し、態勢の向上に努めます。

専門知識の向上の為、月に2~4回の保険会社による研修
(商品研修・コンプライアンス研修等)を募集人全員が受講します。

定期的に継続教育研修を行い、内容の確認テストを実施します

効率性の高い企業運営を行うべく、組織化を図り、見込みとお客様の進捗状況の確認を社内共有し、
企業理念の一つでもある「1人のお客様を全てのスタッフでサポートする」の通りにお客様の最善に努めます。

2.適切な利益相反管理及び保険募集管理

当社は、お客様の利益保護の観点からお客様のニーズを正確に把握し、保険募集の適切性を確保するために、
保険募集管理態勢を整備し、維持・向上に努めて参ります。

当社は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引を適切に把握・管理するための態勢を整備し、
維持・向上に努めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

お客様の意向に沿って、商品の比較・推奨を適切に行うために、社内ルール
(「保険募集管理規程」「推奨方針」「意向把握及び比較・推奨販売に関する規則」等)を策定し、社内周知、
それを踏まえて募集人の業務状況が利益相反となっていないかの点検を毎月行います。

当社では、募集プロセスを顧客管理システムに記録し、責任者がその内容を点検し、
適切な意向把握や比較・推奨等がなされているかを確認しています。

万一、不適切と疑われる募集が見られた場合は、当該担当者に指導を行い、改善に努める事としています

社内にてコンプラアンス連絡図を掲示し、共有事由が発生した際の連絡ルートを定め、明確化します。

3.手数料の明確化

当社は、お客様が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、
お客様が十分に理解出来るよう情報提供に努めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

主な手数料として特定保険契約(外貨建て保険、変額保険、変額年金保険等)の為替手数料、解約控除、運用関係費、保険関係費等等があり、それらは商品毎に手数料は異なります。
商品提案時、保険会社の注意喚起情報に記載の通りに適切に説明を行います。

4.重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様の意向に沿った最適な選択をしていただくために、重要事項を適切に説明し、
分かり易い内容で正しい情報の提供に努めて参ります

《取り組みに対する具体策》

お客様に対して提案・推奨等を行う商品・サービスの内容、そして、お客様のニーズ及び意向を踏まえたものであると判断する理由を分かり易く説明します。

お客様の取引履歴や金融知識を考慮の上、明確・平等であって、誤解を招く事の無い誠実な情報提供を行います。

リスクの高い保険商品(外貨建保険、変額保険、変額年金保険等)を推奨する場合は、リスクとリターンの関係等、基本的な構造を含めより丁寧にご納得されるまで情報提供を行います。

乗換契約を推奨する場合は、乗換を行った場合の不利益事項についてより分かり易くより丁寧に説明を行います。

70歳以上のお客様にはご親族の同席または複数募集人での対応あるいは複数回面談を実施し、
分かり易い言葉で時間をかけご理解いただけるように努めます。

5.お客様の声を業務改善へ生かす取り組み

当社は、お客様を笑顔にするために常に全力で行動するという企業理念から「お客様の声」を「お客様からの信頼の確保、事業の成長、さらなる品質向上の実現のための重要な情報である」と考えています。お客様からいただいた声を幅広く吸い上げ、お客様の考えに立ち、対応を行う態勢を構築し、業務改善、事業の成長、さらなる品質向上に努めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

「. お客様の声」に適切に対応するための規程マニュアルを策定し、
お客様の声ひとつひとつに対し社内共有を行い業務改善に努めます。

「. お客様の声」への対応において長期未済事案が発生しないよう、
随時「お客様の声」への対応状況・進捗状況を管理していきます。

いただいた「お客様の声」は、速やかに社内全体で共有し、迅速に対応するように取り組んでいます。
また、「お客様の声」を集約・分析し、これを踏まえて当社の態勢の向上に取り組んでいます。

6.お客様最善のサービスの提供

当社は、お客様のひとりひとりの資産状況・取引経験及び取引目的・ニーズを把握し、
適切・最善の商品とサービスの提案・提供に努めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

お客様の意向に基づき、長期的な視点にも配慮した上で、契約直後や契約1年以内にアフターフォローを行います。
時間の経過により記憶が薄れる事を防止する目的において行うアフターフォローは、
定期的(年1回)にコンタクトを取り実施します。

お客様の意向を把握し、これに沿った保険契約の締結等の提案、当該保険契約の内容の説明及び
保険契約の締結等に際して、顧客の意向と当該保険契約の内容が合致していることをお客様が確認する機会の提供を行わなければならない旨を定め、これが果たせているかを確認します。

運用期間が長期に渡り、元本割れするリスクや資金が固定化するリスクがある商品に関して、
申込時には「特定保険契約をご希望の場合」をもってお客様に特定保険契約の商品に関する確認をして頂き、
ご契約者にご署名を頂きます。

70歳以上のお客様に対して保険募集を行う場合には、お客様の希望・意向を十分にヒアリングして、
契約内容の決定までに十分に時間をかけてゆっくりと説明し、手続きにも十分な日数をかける等、
無理のない確実な対応を取り、ご親族の同席または複数募集人での対応あるいは複数回面談を実施する事で情報提

7.適正な義務に向けた従業員教育

当社では、役職員へのお客様本位の業務運営の定着を図り、より良い業務運営としていくために、
実施状況について定期的に検証を行い、方針に基づく各種取り組みの実効性を高めて参ります。

《取り組みに対する具体策》

保険業法・金融当局の行政方針等のコンプライアンスに関する研修を、全体会議の際に実施し、
募集活動に必要な知識の強化努めます。

スキルの高いコンサルティング能力を身につけるために、
FP技能士の資格の取得を推進してお客様満足の維持・向上に努めます。

年間の態勢整備・コンプライアンス研修のカリキュラムを策定し、月に1回実施します。

業務上必要な資格を保有している従業員に対し、対価報酬制度を設けます。

金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と
株式会社ハッピーライフ(以下、弊社)の
「お客様本位の業務運営方針」の対応関係

金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」

弊社「お客様本位の業務運営方針」

原則2 顧客の最善の利益の追求

当社の「コンプライアンス基本方針」
「1.お客様最善の利益の追求」の一
「1.お客様最善の利益の追求」の取り組みに対する具体策①・②・③・④

(注)

当社の「コンプライアンス基本方針」
「1.お客様最善の利益の追求」の二
「1.お客様最善の利益の追求」の取り組みに対する具体策⑤

原則3 利益相反の適切な管理

「2.適切な利益相反管理及び保険募集管理」の一
「2.適切な利益相反管理及び保険募集管理」の取り組みに対する
具体策①・②・③

(注)

「2.適切な利益相反管理及び保険募集管理」の二
「2.適切な利益相反管理及び保険募集管理」の取り組みに対する
具体策①・②・③

原則4 手数料等の明確化

「2.適切な利益相反管理及び保険募集管理」の一、二
「3.手数料の明確化」の一
「3.手数料の明確化」の取り組みに対する具体策①

原則5 重要な情報の分かりやすい提供

「3.手数料の明確化」の一
「3.手数料の明確化」の取り組みに対する具体策①
「4.重要な情報の分かりやすい提供」の一

(注1)

当社では複数の金融商品
サービスをパッケージとして販売推奨しておらず、
また金融商品の組成にも携わっておりません。
従って、本宣言の対象とはしておりません。

(注3)

「4.重要な情報の分かりやすい提供」の取り組みに対する具体策②

(注4)

「4.重要な情報の分かりやすい提供」の取り組みに対する
具体策①・②・③・④・⑤

(注5)

「4.重要な情報の分かりやすい提供」の取り組みに対する
具体策①・②・③・④・⑤

原則6 顧客にふさわしいサービスの提供

「4.重要な情報の分かりやすい提供」の取り組みに対する具体策①・②
「5.お客様の声を業務改善へ生かす取り組み」の一、取り組みに対する
具体策①・②・③
「6.お客様最善のサービスの提供」の一

(注1)

「1.お客様最善の利益の追求」の取り組みに対する具体策⑤

(注2)

当社では複数の金融商品
サービスをパッケージとして販売推奨しておらず、
また金融商品の組成にも携わっておりません。
従って、本宣言の対象とはしておりません。

(注3)

当社では複数の金融商品
サービスをパッケージとして販売推奨しておらず、
また金融商品の組成にも携わっておりません。
従って、本宣言の対象とはしておりません。

(注4)

「4.重要な情報の分かりやすい提供」の取り組みに対する具体策⑤
「6.お客様最善のサービスの提供」の取り組みに対する具体策④・⑤

(注5)

「1.お客様最善の利益の追求」 の 取り組みに対する具体策①・③・④・⑤
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の一
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の取り組みに対する具体策①・③

原則7 従業員に対する動機づけの枠組み等

「1.お客様最善の利益の追求」の取り組みに対する具体策①・③・④・⑤
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の一
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の取り組みに対する具体策①・③

(注1)

「1.お客様最善の利益の追求」の取り組みに対する具体策①・③・④・⑤
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の一
「7.適正な業務に向けた従業員教育」の取り組みに対する具体策①・③

お客様本位の業務運営に資する
「成果指標(KPI)の設定について」

当社では「お客様本位の業務運営方針」について、その定着度合いを客観的に評価できるよう、成果指標(KPI)を設定いたしました。
本方針の浸透と定着に向けた取り組みを行い、全役職員がお客様の立場に立った行動を意識し、実行して参ります。

1.ご契約いただいているお客様の数
当社では、ご契約者数をお客様が当社をお選びいただいた取り組みの結果として、総合的な指標にしております。

2.態勢整備・コンプライアンスに関する研修とテストの実施
当社では、適切な保険募集に関する事やコンプライアンスに関する研修を、以下のテーマについて実施します。

実際に発生した事案等を共有しつつ、再発防止策の考察や今後どのような苦情や事案が起こりうるのかを想定し、
それを未然に防ぐにはどのようなことを行い、心がけるべきか、それぞれが自発的に考えることを目的としています。

【2022年 研修カリキュラム】

1月

事案共有・ケーススタディ

2月

事案共有・ケーススタディ

3月

適合性の原則

4月

事案共有・ケーススタディ

5月

特定保険商品/高齢者の取扱い

6月

事案共有・ケーススタディ

7月

企業理念、顧客本位の業務運営、KPIの確認

8月

事案共有・ケーススタディ

9月

乗換に関する注意事項

10月

事案共有・ケーススタディ

11月

アフターフォローのルール化

12月

今年の総括

3. お客様の声の集計
当社では、常に選ばれ続けるオフィスを目指すべく、お客様の声(ご不満、ご意見・ご要望、お褒めの言葉等)を真摯に受け止め、
全役職員で共有して業務の改善につなげています。
お客様の声全般については、その内容や傾向、原因を追究・分析してその課題に対する解決策を導き、業務の品質向上に向けた取り組みを行っております。

4. ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)資格の取得
FPとしての力量を測ったり、FPとしての実績や信頼を示すものとして国家検定であるFP技能士検定があります。
当社では、地域のライフラインとして必要とされる企業であり続けるため、
またお客様に寄り添い質の高いコンサルティングを行うためにFP技能士の資格取得を推進しております。
また、お客様一人ひとりにしっかりと寄り添えるよう、Salesスタッフだけでなく、ClarkスタッフにもFPの資格取得を推進した取り組みを行っております。