ブログ

11月の「いい日」更新スタッフ:中野 恵美子

朝晩と、日中の気温差が激しい今日この頃です。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

久しぶりに登場しました💦

FPの中野です🤗

さて、11月は、「いい」の語呂合わせから、

様々な「いい日」が定められていることをご存知ですか?

11/5 いいりんご🍎の日

11/8  いい歯🦷の日

11/22  いい夫婦👩‍❤️‍👩の日   これは有名❕

11/29  いい肉🥩の日

その中で、11/11

「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」

の「いい日、いい日」にかけて

平成20年に厚生労働省が

「介護の日」

と決定しました。

「介護」と聞いて、身近な問題に感じられる方と、自分にはまだまだ関係ない…

と思われる方がいらっしゃると思います。

私自身は、両親が高齢で、年々衰えていく姿を目の当たりにしていますので、

介護は身近な問題として真剣に考えていかなければならない段階に

きています。

また、自分自身も、介護が必要な状態になってしまった時に、子どもたちに

迷惑をかけたくないな、とも思っています。

日本では、公的な介護保険制度があることはご存知でしたでしょうか。

40歳以上の方が全員加入して介護保険料を納め、介護が必要になった時に

所定の介護サービスが受けられる保険なんです。

(40歳以上の方はご自身のお給与明細を見てみて下さい☺)

ただし、原因を問わず、要介護状態になった時に

この介護サービスを受けられるのは65歳以上の方で、

40歳から64歳の方は、加齢に起因する特定の病気(16疾病)によって

要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受ることができます。

(末期がんも含まれます)

公的な介護保険制度だけでは心配…という方は、民間の介護保険で準備しておかれる

ことをお勧めします。

「貯蓄型」や「掛け捨て型」

「終身型」や「有期型(定期型)」

など、さまざまなタイプがございますので、

まずは身近なファイナンシャルプランナーさんに

一度ご相談されてはいかがでしょうか🌹

人生100年時代の今だからこそ、しっかりと将来のことを考えておくことが大切ですね✨

次回のブログもぜひ見て下さい🎵

お問い合わせ


最近の投稿

アーカイブ